注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

T-DESK

 
 
 

日志

 
 

[新聞] TOKIO山口達也,身穿防護服進入DASH村進行土壤淨化  

2011-08-26 10:17:57|  分类: 番組-DASH |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

看到這個新聞好震驚...

達也在7/16日和這個月22日,同宇宙航空研究開発機構(JAXA)的長谷川克也研究員、三重大学的放射線研究者?加藤浩助教等人前往DASH村,進行放射量檢定和種植向日葵等約兩小時。新聞中說,是受到研究宇宙農業的長谷川的請求,想蒐集DASH村的各種資料,內容會在9/11的DASH中播放


スポーツ報知--TOKIO?山口、防護服着て被災の「DASH村」訪問


TOKIOの山口達也(39)が25日、都内で会見し、日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!!」(日曜?後7時)の企画として運営している福島?浪江町にある「DASH村」を今年3月の福島第1原発事故以来、初めて訪れたことを報告した。同村は放射能の影響により政府の計画的避難地域にあるが、防護服を着用して訪問。「もう戻れないかと思ったが、復興へのきっかけとして、どうしても行きたかった」と涙ながらに語った。

 山口がDASH村を訪れたのは7月16日と今月22日。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の長谷川克也研究員、三重大学の放射線研究者?加藤浩助教らと足を運んだ。長時間の滞在は危険なため、放射線量の測定、土壌内の放射性物質を吸収すると言われているヒマワリの植え付けなどを約2時間で行った。

 久しぶりに訪れた同村は雑草が生い茂り、荒れ放題の状態。「手入れしていないとこんなになるんだ、と思うと、さみしくなった」と山口。ガイガーカウンターの測定値も、文科省が発表する空間放射線量(23日時点で最高が33マイクロシーベルト)と同程度の数値を示していたという。

 3月11日の東日本大震災発生時、リーダーの城島茂(40)と同村で番組収録を行っていた。周辺の交通が遮断されたため、2000年の“開村”以来、初めて村内の日本家屋に宿泊。翌日、一般道を11時間かけて走って東京に戻ったが、その間に原発事故が発生した。「『次はどうする?』って言っていたくらいで、気にはしてなかった。テレビの報道で初めて知った」

 原発から約25キロの場所にあるため、3月15日に計画的避難地域に指定され、常駐スタッフや家畜も避難した。「このままフェードアウトだけはしたくない。村がどうなったのか見たい」と、再訪の計画を練っていたが、6月に宇宙空間での農業を研究している長谷川氏から「敷地内で放射性物質のデータ採集と実験をさせて欲しい」との依頼があり、山口も立ち会うことが決定。「長谷川さんから手紙をもらうまでは『もう戻れないかな』と思っていた…。これをきっかけに村の皆さんが戻れる日が来れば…」と涙で語った。

 訪問の模様は9月11日に放送され、番組内で測定値なども公表する予定だ。村の再生計画は今後も継続的に行う。「(安全面で)周囲は反対しないか?」という報道陣からの問い掛けに「そんなこと言ってると何もできない。他のメンバー? いえ、僕が行きます!」と山口。タレントという立場を超え、本気で復興を目指す。

 ◆DASH村 「日本地図にDASHの文字を載せる」ということを目的に、2000年6月から企画がスタート。が、その後は農作業や手仕事など里山での生活を体験する、という趣旨に変わった。混乱を避けるため所在地を公表してこなかったが、原発事故の計画的避難地域に指定されたことを受け、4月24日の放送回で浪江町にあることを初めて発表した。

 ◆浪江町の現状 3月14日、町の東部が避難地域に指定されたことを受け、二本松市に仮役場を設置。原発から20キロ圏内は警戒区域となり、町の全域が計画的避難地域に指定されて、現在も多くの住民が避難生活を強いられているが、5月中旬から一時帰宅が開始された。


スポ二チ--DASH村で土壌浄化実験!TOKIO山口 2度現地入り

 日本テレビ「ザ!鉄腕!DASH!!」(日曜後7?00)に登場し、福島第1原発事故で指定された計画的避難区域にあるDASH村(福島県浪江町)で、ヒマワリ栽培による土壌浄化の実験が行われている。番組に出演するTOKIOの山口達也(39)が25日、都内で記者会見し、実験のため7月と8月に同村を訪れたことを明かした。ヒマワリは土壌中の放射性物質を吸収するとされ、注目される。 

 実験のきっかけは宇宙航空研究開発機構(JAXA)の長谷川克也研究員からの協力要請。家屋や田畑、牧草地、池などがある同村は、実験を行う上で必要なデータを得やすいとして、6月に番組に打診があった。

 山口は「村にはもう戻れないかもしれないと思っていた」と涙ながらに振り返り「フェードアウトの形にはしたくなかった。村がどうなっているのか、自分が伝えたかった」と現地入りを志願したという。

 村を訪れたのは7月16日と8月22日。全員が防護服?防塵(ぼうじん)マスクを着用し、放射線量率測定器を持った専門家も同行。立ち入る場所などの指導を受けながら、屋外での活動は約2時間にとどめるなど安全面に最大限の配慮がされた。

 7月は同村の田んぼと牧草地に約200粒のヒマワリの種をまいた。村を訪れるのは、城島茂(40)とともに番組収録していた3月11日の東日本大震災発生時以来。約4カ月ぶりだった山口は「村が荒れていたのが寂しかった」。作業中も高レベルの放射線量が測定されたというが「村を見たいという気持ちが強く怖さはなかった」と話した。

 訪問時の模様は震災から半年の来月11日の番組で紹介される。8月は雨天の中、一部のヒマワリや土壌、田畑の植物などを採取。持ち帰ったサンプルは研究所で分析している。放射性物質を吸収しているとみられるため、分析後、村に持ち帰り保管する。

 次回の訪問時期は検討中。島田聡一朗プロデューサーは「この実験は企画のスタートという位置づけ。今後もほかの植物など継続して実験を続けていきたい」としている。山口は「実験が村の復活のきっかけになれば。そして、福島で農家に携わる人たちの何らかの希望になれば」と語った。

 ▽DASH村 番組の名物企画で、TOKIOのメンバーが農作業や動物飼育を体験していた。福島第1原発から半径20~30キロ圏内にあり当初は屋内退避区域、その後、計画的避難区域に指定された。人が集まって混乱しないよう、番組では所在地を明かしてこなかったが、避難区域指定を受け、浪江町にあることを公表。村を手伝っていた浪江町民や村に棲んでいた動物などは県外に避難している。
  评论这张
 
阅读(556)| 评论(3)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017